KARTH 地震ネット

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神淡路大震災から19年

<<   作成日時 : 2014/01/16 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ明日は、阪神淡路大震災発生から19年の節目を迎えます。 19年ということは、震災を知らない世代が間もなく成人ということです。 
 先日もお世話になっております大学研究室の先生が、「今年から、大学では「阪神淡路? 生まれてませんでした」っていう世代を迎えることになるんですよね。学校レベルでは、災害は放っておくとどんどん風化します。学校漬けでない大学生活も送らせるようにしなければ・・・」とおっしゃっていらしたのが、とても心に焼き付いています。

 わたしたちは今、阪神淡路大震災以降、新潟県中越地震など数回の大地震を経験しつつ、東日本大震災の状況に対峙しているわけです。 関西圏に身を置いていると、なかなか東北の現況に触れる機会もないのですが、次の巨大地震が、いつどこをどういう形で襲ってくるかは、まったくわかりません。 大地震、大災害に備える意味で、東北の巨大地震の教訓と復興状況に学ぶという意味で、下記の催しをふたつご紹介させていただきます。

平成26年1月22日(水)、23日(木) 第7回「災害対策セミナーin神戸」 神戸市
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2013/12/20131202020002.html
同パンフレットページ
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/seminar.pdf 

1月25日 「東日本大震災と住宅問題シンポジウム-阪神・淡路大震災の経験から-」兵庫県司法書士会
http://www.shihohyo.or.jp/news/post_73/

震災で命を落とされた方々への追悼の念とともに、震災の教訓をもとに備えるために、「風化」はさせてはなりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪神淡路大震災から19年 KARTH 地震ネット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる