アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「東日本大震災」のブログ記事

みんなの「東日本大震災」ブログ


神戸大・東北大ジョイントシンポ「巨大地震に備えた地域間連携をと受援体制を考える」

2014/07/26 14:36
来る8月4日(月)午後、大阪・京阪淀屋橋にて以下のシンポジウムが開催されるとのご案内を、神戸大学紅谷昇平教授よりいただきました。 東日本大震災の教訓を踏まえた、最新の自治体の受援計画の状況について学ぶ貴重な機会ですので、ご関心がございましたら、ぜひご参加ください。

以下主催者からの情報です。>>>

シンポジウムのご案内
神戸大学・東北大学ジョイントシンポジウム
【 東北〜関西の災害対応教訓の共有・交流 】
巨大地震に備えた地域間連携と受援体制を考える

 神戸大学・社会科学系教育研究府/国際協力研究科では、東北大学・災害科学国際研究所と共催で、シンポジウム「-東北〜関西での災害対応教訓の共有・交流- 巨大地震に備えた地域間連携と受援体制を考える」を開催いたします。

 東日本大震災では、全国の自治体が被災自治体を支援する相互応援が注目されました。しかし、外部からの応援を有効に機能させるには、地域間連携の仕組みや受援計画などの備えが大切です。

 本シンポジウムでは、東日本大震災の教訓について東北大学・丸谷浩明教授から、東日本大震災の教訓を反映した先進的な受援計画事例について岩手県・神戸市から、県・市町村が一体となった包括的な相互応援体制づくりの事例を鳥取県から、復興と他地域支援に向けた産官学民連携のプラットフォームを目指す東北復興連合会議について政策投資銀行東北支店から、ご報告いただきます。

 その後、講演者、参加者による意見交換を行い、東北・関西の教訓を共有しながら、今後の巨大災害に求められる地域間連携・受援体制について考えていきます。

 自治体や企業、NPO・ボランティア、研究者、メディアなど、ご関心のある方のご参加をお待ちしております。

日時:2014年8月4日(月) 13時30分〜16時45分
場所:大阪市中央区北浜3丁目2−25 京阪淀屋橋ビル3F
   AP大阪淀屋橋 3F北 J・K会議室

(1) 趣旨説明 13:30-13:35
(2) 話題提供 13:35-16:20
 ・「災害対応における地域間・組織間連携の重要性」
      丸谷浩明(東北大学)
 ・「東日本大震災の教訓を踏まえた受援計画」
          岩手県総合防災室
 ・「神戸市における災害受援計画の策定プロセスとその特徴」
          神戸市危機管理室
   (休憩15分)
 ・「鳥取県・徳島県の包括的な相互応援の取組」
          鳥取県危機管理局
・「東北復興連合会議の取組」   
          政策投資銀行東北支店
 (3) 意見交換16:20-17:00
   ・進行:紅谷 昇平(神戸大学 社会科学系教育研究府)
++++++++++++++++++++++++++

詳細はこちらまで。

http://beniya-lab.webnode.jp/news/%EF%BC%98%E6%9C%88%EF%BC%94%E6%97%A5%EF%BC%88%E6%9C%88%EF%BC%89%E3%80%81%E5%BA%83%E5%9F%9F%E9%80%A3%E6%90%BA%E3%83%BB%E5%8F%97%E6%8F%B4%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%92%E3%80%81/
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


阪神淡路大震災から19年

2014/01/16 09:50
いよいよ明日は、阪神淡路大震災発生から19年の節目を迎えます。 19年ということは、震災を知らない世代が間もなく成人ということです。 
 先日もお世話になっております大学研究室の先生が、「今年から、大学では「阪神淡路? 生まれてませんでした」っていう世代を迎えることになるんですよね。学校レベルでは、災害は放っておくとどんどん風化します。学校漬けでない大学生活も送らせるようにしなければ・・・」とおっしゃっていらしたのが、とても心に焼き付いています。

 わたしたちは今、阪神淡路大震災以降、新潟県中越地震など数回の大地震を経験しつつ、東日本大震災の状況に対峙しているわけです。 関西圏に身を置いていると、なかなか東北の現況に触れる機会もないのですが、次の巨大地震が、いつどこをどういう形で襲ってくるかは、まったくわかりません。 大地震、大災害に備える意味で、東北の巨大地震の教訓と復興状況に学ぶという意味で、下記の催しをふたつご紹介させていただきます。

平成26年1月22日(水)、23日(木) 第7回「災害対策セミナーin神戸」 神戸市
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2013/12/20131202020002.html
同パンフレットページ
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/seminar.pdf 

1月25日 「東日本大震災と住宅問題シンポジウム-阪神・淡路大震災の経験から-」兵庫県司法書士会
http://www.shihohyo.or.jp/news/post_73/

震災で命を落とされた方々への追悼の念とともに、震災の教訓をもとに備えるために、「風化」はさせてはなりません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『東日本大震災』特設サイト(Blog版)を開設

2011/03/20 00:00
 この度の「東日本大震災」によって被災されました各地の皆様にお見舞い申し上げます。
 また、その被災者の支援を行っている皆様には活動が無事完了されますことお祈り致しますと共に、私たちも微力ながら、まずは情報発信という形で協力していきたいと思いますので一緒に頑張っていきましょう!

 KARTH地震ネットでは「東北地方太平洋沖地震」等による「東日本大震災」の被災者・支援者に向けた専用の特設サイト(Blog版)を新たに開設致しました。
 KARTH地震ネットが入手した被災者・支援者の皆様に有益な情報を随時掲載していきますので、こちらの下記サイトをご活用ください。

■ 「 KARTH地震ネット − 2011年東北地方太平洋沖地震 」 ■



記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「東日本大震災」ブログ

KARTH 地震ネット 東日本大震災のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる