アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然災害」のブログ記事

みんなの「自然災害」ブログ


間もなく新潟地震から50年 特集サイトのご紹介

2014/06/12 02:54
1964年6月16日の新潟地震発生から間もなく50年が経とうとしています。

大規模な地盤の液状化被害、津波、橋の落下、石油タンクのスロッシング現象から発生した火災など、
当時の様子が以下のウェブサイトからご覧いただけますのでご案内します。


「あの日の記憶を未来に生かす」にいがた防災アクション2014(新潟市)
http://niigatajishin.com/

1964 年新潟地震オープンデータ特設サイト 〜当時の空中写真とスナップ写真〜 (防災科学研究所)
http://www.bosai.go.jp/press/2014/pdf/20140605_01.pdf

防災・減災 新潟プロジェクト2014(国土交通省北陸地方整備局)
http://www.hrr.mlit.go.jp/project/

新潟地震から50年、写真や資料を公開(サイエンスポータル)
http://scienceportal.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/06/20140609_01.html

新潟地震から50年 50年で3回被災したNHK!?(NHKエコチャンネル)
http://www.nhk.or.jp/ecochan-blog/400/189963.html
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


台風による浸水被害に遭われた方へ

2013/09/17 08:45
このたびの台風18号災害で、被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

京都鴨川、桂川の洪水・越水状況には目を疑うほどでしたが、今日になって京都福知山市での由良川周辺の広域水害、岩手県でも水害による被害が判明していますが、今朝になってもその全容把握もままならない状況です。

自然災害が繰り返し襲う日本列島。 警報を待つまでもなく突如襲う災禍。 そして見るにしのびない、たいへん辛い被害後の状況に途方に暮れている方も多いことと思いますが、風水害対処について簡単に注意事項を挙げておきます。

【 風水害対処の方法ポイント 】
➀まず被害を写真記録(保険求償や災害救助法の適用になった場合の被害認定の手がかりのため) 
➁片付け作業は底の厚い安全靴、厚手の農業用手袋などで 
➂床下の乾燥には、扇風機を活用!風の入り口と出口を考えながら
➃無垢の木ならば、案外水には強いので、家具・家財道具のゴミ処分は早まらない  
D電気系統は一旦ブレーカーを落として。 コンセントは乾けば使えることもある(電気工事資格者の確認必要)ので落ち着いて段階を踏みながら復旧
E怖いのは壁の中の断熱材が含んだ水分!建物がそこから腐ることのないように、思い切って壁は開ける(グラスウール、ロックウールなどの綿状断熱材は、濡れてしまうと容易に乾かず断熱性能が低下するばかりか、腐朽やカビの原因になるので、取り外してすべて乾燥させた後に、再取り付けすることが望ましい)
F支援を装った人や、近づいてくる見知らぬ業者に要注意! 仕事を頼むときには、単独で頼まず、近隣とヨコの連携で慎重に! ボランティア対応要請などは、市区町村の社会福祉協議会で状況に応じて行っていますので、まずはお問い合わせ下さい。

(新潟事務局よりアドバイス情報)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「自然災害」ブログ

KARTH 地震ネット 自然災害のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる